加田屋田んぼ 2014年度                                         

4月6日

POT苗の育苗箱作り。
育苗土を箱に入れます。
種籾を2〜3粒potに入れます。
自動機も導入して作業を行います。人手と比べると、順調の時は、効率良くて早いのですが、potの播種がゼロの時もあり、5粒の時もあり、調整が必要になります。そんな時、人手で2〜3粒に補修します。
さて、ここでは不合格がいくつか見られます。いくつあるでしょうか。
プレス機で播種の終えた箱のpotをプレスします。これで固めないと、散水の時に種が浮動してしまいます。
プレスの終えた育苗箱に覆土します。
沢山の人手で育苗箱を作っていきます。
覆土を終えた育苗箱です。
終えた育苗箱は積み上げて、目標数量になったら、ハウスに移動して、しばらくの間温室管理します。発芽したら、散水と育苗の作業に入ります。田植えの日に合わせて、日常管理となります。
作業を終えてしばしの休憩。日差しが気持ち良い一日でした。
 5月25日 田植
曇天ですが、日差しがなくて作業には最適です。
田植一番のグループが元気に始まりました。
どろんこの汚れを気にしながらの田植ですが、終わる頃はどろんこに・・・
慣れてきて皆さんせっせと手が動くようになりました。
どろんこになって、誇らしげに。後ろでお父さんもVサイン。
汚れを取っていたのですが、気持ち良いので脚をすっぽりと入れました来年は脚が入らないでしょうね。
ジオラマ風に撮影したのですが、大きな画面でないと効果が分からないですね。今年の表紙に使用中です。
どろんこが大好きな様子。田んぼにぺったりと座ってどろんこを楽しんでいます。
どろんこが楽しい。そんな笑顔満面な二人です。
大根と胡瓜をお土産にもらいました。実は「重いのだ!」
塩むすびを頂きました。「おいしかった?」「うん、とてもおいしかった・・・」恥ずかしくて、目線を合わせてくれませんでした。
 6月15日草取り作業
5月15日

暑くなりました。テント下に集合。
草取り用の網をもらって、さあ草取りに。
それぞれ自分の持ち場に集合・整列して一斉に始めます。
こなぎを取っては網へ、取っては網へ。網はすぐいっぱいに。
こなぎ以上に繁殖した藻をすくい取って、こなぎを取りやすくしています。
暑いけど足は気持ちいい。
ちょっと疲れたな。御父さんはせっせと作業をしています。
草取りはいつのまにか、生きもの調べに。「いた!」
 6月22日雨の中で草取り作業
こなぎがすくすく成長しています。朝の内は雨がありましたが、終わるころには気にならない降雨となりました。
雨の日はどうしても、参加者が少なくなります。しかし毎年雨でも参加する家族もいます。スタッフも一緒に草取りです。
向こうの緑が深いのは稲が元気に成長している証拠。手前の水面が見える稲は田植にムラがある為です。
親子で草取りを頑張っています。こなぎを沢山取りました。
もくもくと草取りをしています。
初めて入る田んぼに、やっと片足を入れたのですが、残る片足が入れられません。この後、抱っこになりました。
 6月29日草取り
最初は一列横隊で作業開始。
すぐに列は乱れて・・・
親子離れず、子供を見守りながら
スタッフの誘導に従って・・
スタッフも一緒に草取りを
初めてなので、草取りのやり方説明を丁寧に。
楽しみながら、せっせと草取りをして、袋がいっぱいになりました。よくがんばりました。
遅れてきた人たちも、すぐ作業を開始。子供は最初の一歩が出来れば、後は楽しんで遊んでいます。
 7月6日草取り、草刈り
鎌の使い方を説明されて、いざ初めての鎌を使います。
初めは金槌みたいにふるっていたけれど、習ったことで、正しく美しい動作になりました。
子供は穂先が目に入る危険があり、大人だけが田に入って草取りをします。
親子で草取り。
夫婦並んで草取り。
 7月20日草刈り、案山子作り
家族でせっせと草刈り。
草刈りの隣で釣り糸を垂れているのは??
案山子作りを始めます。作り方は・・・・
毎年参加しているので、準備も万全。材料たっぷり。
久しぶりに見ました。純和風の案山子。粋ですね。
作る人に合わせて、背高ノッポの案山子になりました。
ポスタに出てくるような、ファッショナブルな案山子。
黄金マスクにかつらを三つ編みに。
 7月27日防鳥糸張り
三人協力して防鳥糸張り
やはり目立つ。
完成して、勢ぞろい。
作業がおわり、冷えた胡瓜、飲み物を配給。
両手に大きな胡瓜を握って、塩を付けてかじります。
胡瓜をかじって、紫蘇ジュースも気になって。
8月11日
台風一過の田んぼは出穂後の稲の生長が進んでいます。
 8月17日生きもの調べ&草刈り
生きもの採取
最後の生きもの観察
雨上がりの草刈り。鎌が使いにくい。
最後は井戸水で
井戸水がおもしろくて・・・
畦がきれいになりました。
濡れたテントを片づけ
協力して、片づけを終えます。
車に積み込んで、終了。
雨上がりの田んぼ。
稲はしっかりと成長しています。
8月31日

黄金色の稲
実を沢山つけています。
 9月13日田の一部を稲刈しました。
稲刈を済んだ田んぼに案山子がそろって並んでいます。
遠くから見ていると人の集団に見えます。
これから体験活動で稲刈をする田
いつでも稲刈できる稲穂です。
 9月28日稲刈
稲刈開始。快晴で風も爽やか。稲はたっぷりあります。
次々と刈った稲が畦に摘みあがります。
畦に溜めた稲はすぐに脱穀します。
次々と参加者が加わって、沢山の人が作業しています。
農道はテントで埋まりました。
とても上手に稲刈が出来ました。
稲を運ぶお手伝い。
上手に鎌を使っています。
兄弟で協力しながら、上手に稲刈しています。
小さい弟に鎌の使い方を教えているお姉さん。
稲が持ち切れない。
鎌の使い方を教えながら、楽しんでいるお父さん。
姉妹で稲刈をしました。
刈とった稲を紐で縛っています。
姉妹とお父さんを記念撮影。
 9月30日稲刈後
はざかけして、稲を干しています。
後ろに見える散歩道はまだ彼岸花が赤く咲いていました。
案山子も最後のお勤めです。